信和鋼板太陽光発電システム事業
>
>
後悔しない取り付け工事
後悔しない取り付け工事
後悔しない取り付け工事
取り付け工事がよくないと、、、

後悔しない取り付け工事
屋根は家屋の一番大事な構造です。古来より雨露をしのぐための重要な役割をもっており色々な形状、
素材があります。
構造や材料を無視した太陽光発電システムの取り付けを行うと雨漏りの原因になります。
住宅用太陽光発電システムの取り付け工事は、メーカーの指定工法であれば万が一の雨漏りでも保険が効きますが、屋根の状態を知り、適切な工事を行うことが重要です。

IMG

図01
図01は屋根を構成する木材です。
「たるき」の上に野地板がのり、その上に防水シートをはり、
屋根材料がきます。
野地板とたるきに取付のビスがくればよいのですが、
取付ピッチの問題もありできない場合は図02のように
当社は当て木を使い剛性を保ちます。

IMG

図02

IMG

屋根裏の様子

よく屋根の構造を事前に調べて工事を行わないと雨漏りの原因となります。

IMG

IMG

IMG

IMG

取り付け直後には、雨漏りしていなくても、年数が経過してきたときに、
この写真のような状態になることがあります。
この状態であれば、屋根の劣化はかなり進行しており大規模な改修が必要になります。
雨漏りは、修理をしないと止まりません。雨漏りをさせない工事が必要となります。

▲ページTOPへ

取り付け工事がよくないと、、、
下記のようになる場合があります。
IMG
IMG
IMG

▲ページTOPへ