鋼板事業部
建材事業部
エコ事業課

01 屋根材

02 壁材

03 改修

04 農業資材・鼻隠し

05 その他

06 CADデータ

07 納入実績

重ね式折板

馳締式折板

嵌合式折板

嵌合式瓦棒

瓦 棒

ワンタッチ嵌合

キャップレス横葺

横葺/立平

波 板

ソーラー金具

SS横葺200
SSルーフ立平葺323
SSルーフ50
Zワイドルーフ
01屋根材 横葺 SSルーフ50

長尺でZ型状の二段横葺屋根材。継手によるジョイントも可能。


コロニアル改修に最適。


Z型の”特殊中間段形状”により、中間段部の強度を向上。
ゆるやかな曲線で段部が錆びにくく、長尺特有のウエーブ(ペコ)も軽減。
シャープで美しいラインを実現。


断熱材貼り可能 (4mm)


働き幅が364(一部363)mmと広く、経済的コストの実現と施工作業の効率化が可能。


SSR2007に定められた方法による耐風圧性試験、ならびにJIS規格
による水密性試験を実施済み。(下記参照)

製品仕様
働 き 幅  364(一部363)mm
主な使用材料  月星GLカラー/SELiOS
 月星GLカラーつや消し/SELiOS
 月星GLカラーつや消し/タフクール
 月星GLカラーTF
板  厚  0.35mm、0.4mm(板厚0.5mmは応相談)
原 板 幅  500mm
推奨ビス  シンワッシャー 5×50
オートグラフによる中間段踏み潰れ試験
Zワイドルーフを施工した状態を再現し、中間段を載荷した。

オートグラフによる中間段踏み潰れ試験 ■結果
荷重解放時の中間段の変形は2mm程度だった。これは、Zワイドルーフの 中間段のウエブが鉛直になり、荷重に耐えたからである。

本体断面形状

本体断面形状

役物

役物

性能試験結果
耐力試験
試験条件
加圧方法  静圧(負圧)
圧力持続時間  各段階において10秒以上
野地板  木毛セメント板(厚さ25mm)
防水材  アスファルトルーフィング940
試験体勾配  垂直
屋根材板厚  0.35mm
ビス留め間隔  606mm
使用ビス  シンワッシャー 5×50
母屋  C型鋼(厚さ2.3mm)
試験体仕様  ジョイントなし
耐風圧性試験加圧プロセス 図-1 耐風圧性試験加圧プロセス
耐風圧性試験模式図 図-2 耐風圧性試験模式図
試験結果
許容耐力(N/㎡)  3,000
下記条件の場合、許容耐力は4,000N/㎡
防水材  改質アスファルトルーフィング
 (粘着層)
屋根勾配  2.5寸以上
ビス留め間隔  455mm以下
母屋  集成材
水密性試験
試験条件
加圧方法  脈動圧
圧力持続時間  各段階において10分
野地板  構造用合板(厚さ12mm)
防水材  アスファルトルーフィング940
試験体勾配  垂直
屋根材板厚  0.35mm
ビス留め間隔  455mm
使用ビス  鉄丸釘 N38
母屋  集成材(90mm×45mm)
試験体仕様  ジョイントなし
水密性試験加圧プロセス 図-3 水密性試験加圧プロセス
水密性試験模式図 図-4 水密性試験模式図
試験結果
平均圧力(Pa) 漏水状況
2,303 漏水無し

※住宅金融支援機構監修【フラット35】【フラット35】Sの
 技術基準対応(平成20年改訂)に適合しています。